BLOG

パラダイムの日々を発信

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 勉強法
  4. 中学英語 の学習ポイントについて解説!

中学英語 の学習ポイントについて解説!

こんにちは!学習塾パラダイムの香月です。

本日の記事のタイトルは「 中学英語 の学習ポイントについて解説!」です。

今日は中学生の効果的な英語の学習方法についてお話したいと思います。

私は中学生時代、通っていた塾の英語の先生に英語の基礎を叩き込まれました。

そのおかげで、英語のテストでは満点を取ることが多く、高校に進学してからも上位に入ることができ、大学在学中の現在でも、TOEICなど様々な試験に挑戦しています。

その先生の存在がなければ、私は英語力に自信を持つことができなかったし、正直学校の勉強だけでは充分な英語力を身につけられなかったと思います。

しかし、今からお話する2つのポイントを参考に学習すれば、この記事を読んでいるみなさんも、成績アップはもちろん、高校に進学した後の英語学習にも役立てることができます!

なお、英語の勉強法についてはメンバーのいっせや宮城先生が当ホームページ、WEBメディアでも投稿しているので、是非そちらも参考にしてみてくださいね!

英語の学習ポイント①文型を理解する

まず1つ目は、文型をしっかり理解することです。

文型とは「主にS(主語)、V(動詞)、O(目的語)、C(補語)の4要素からなる語順のルール」のことです。

なぜこの文型を理解することが重要かと言うと、英語の試験問題では「語句の並べ替え問題」が頻繁に出題されるからです。

この問題は当てずっぽうや何となくで解くと非常に時間がかかりますが、文型を理解してしまえばスピーディーに解くことができます。

私が中学校の英語の勉強を始めた時に塾の先生からまず教えられたのが、この「文型」でした。

I like soccer. (S V O) のように、この単語が何の品詞なのか、徹底的に書いて頭に入れるトレーニングを受験直前の中学3年生の頃まで行っていました。

そのくらい、「文型」を理解するのは重要なことなのです!

ですが、中学生用の参考書を見ると、この「文型」について記載されていない、またはサラッと紹介されているだけというパターンが多く、私はその度に驚いてしまいます。

私自身、中学校でこの「文型」について指導された記憶はなく、高校の英語の授業の最初に、軽く教えられただけでした。

しかし、ある程度英語を習い終えた高校生の段階で、今更「文型」を教えられても、それを意識して英語の問題を解くというのは、難しいと思います。

英語を学習したての中学生のうちから、「文型」をしっかり理解し、英語の問題を解いていくべきです!

英語の学習ポイント②暗記

2つ目は、しっかり暗記することです。

これは英語に限らず、中学校の科目全般に言えることですが、中学生向けの定期試験・入試問題は、「暗記」してしまえば解ける問題が非常に多いのです。

英語では、英単語や慣用句(イディオム)などが、暗記すべき対象になります。

「暗記」というのは、正直楽しいものではなく、地味な作業ではありますが、「暗記」すること自体に慣れてしまえば、「暗記」のスピードも上がります。

私自身、中学1年生の初めの頃、「曜日」の英単語を暗記するのに非常に時間がかかり、他の生徒に追いつけなくて凹んだ記憶があります。笑

悔しかった私は、何度も紙に書いたり、声に出して覚え、トイレにまで英単語を貼って覚えるようになりました。

そうして、徐々に「暗記」すること慣れていき、高校に進学してからは、英単語を書かずに、赤シートを使うだけでスペルまでしっかり覚えられるようになりました。

みなさんは、高校で覚えなければならない英単語の数(大学入試に必要な英単語の数)はどのくらいだと思いますか?

なんと、少なくとも4000語、難関大学受験では6000語が必要だと言われているのです!気の遠くなる数字ですよね笑

それに対し、中学校(高校入試に必要な英単語の数)では、2000語〜2500語程度と、高校で求められる英単語数の約半分なのです。

ですから、中学校のうちに「暗記」することに慣れておかないと、高校進学後、非常に苦労することになります。

中学生の今のうちから、「暗記力」を鍛え、高校で周りに差をつけていきましょう!

英語の学習ポイントまとめ

いかがでしたか?

「英語の効果的な学習方法」と聞くと、何か複雑なことをやるのかな?と思いがちですが、私が今日お話したことはわりかしシンプルなことだったと思います!

英語は「基礎力」がなければ向上していきません。

中学生である今のうちに「基礎力」を身に付け、みなさんが英語を得意科目だと胸を張って言えるよう、応援しています!

学習塾パラダイムでは新年度に向けた新入塾生を募集中です!無料体験授業も受講できますので、浦添市内に限らず沖縄県内にお住まいの中学生・高校生は是非お気軽にお問い合わせください!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2021年 4月 01日

関連記事